メンバー紹介

先輩インタビュー
Senior Interview

店頭情報4グループ
長沼 ひとみ

裏表のない風通しのいい会社と感じた

MFJに入社した理由は、裏表のない風通しのいい会社だと感じたことです。選考を受けていく中で、就活生の質問に対して他社では良いことだけ言って問題については言及しないと感じたのですが、MFJは現状の課題や目標について話していたことが入社の決め手となりました。そして「食の健全化」という理念に共感しましたし、入社前に若手社員の話を聞いて、新しいことができる環境だと強く感じたことも大きな決定打となりました。
現在は行政担当のグループで、主に沖縄の特産品の、首都圏や東南アジアにおける販路を拡大することに努めています。
新入社員でいきなり新しくできたばかりの部署に配属となり、戸惑いもありましたが、その分1年間終えたときの達成感も大きかったです。また、出張が多く、月に1度は沖縄、長野に行っておりますし、シンガポール、マレーシアに行くこともあります。出張先でいろんな方と関われることが今の仕事の醍醐味です。

この会社の一員になりたい、そういう視点で就職先選びを

仕事では行政独自の書類の作成や、経費精算などを3月末までにきっちり行わなければならないなど、行政特有のルールがあり、慣れるまで大変でした。
今、沖縄県以外にも長野の地域づくりのお手伝いをしていますが、今後の展望としては他の地方の産品とも関わっていきたいと思っています。

そんな私の就職活動は、苦痛の日々でした。内定の見えない不安さ、その不安定な毎日の中で胃がキリキリしましたし、そういう人も実際多いと思います。でも「この人たちと働きたいな」という会社をじっくり見定めて決めてほしいです。一緒に働く人が合わないと、仕事を続けることが難しいですし、「この会社の一員になりたい」と思える就職先を見つけてもらえたらと思います。

私はMFJを通じて、食の健全化を目指し、消費者の食に対する考え方を変えていきたいと考えています。簡単なことではないとわかっていますが、一歩一歩自分のできることで社会を変えていけたらと思っています。

ひとことアンケート
  1. プチ自慢!
    これだけは負けないもの?

    スイカ好き、会社から自宅の距離

  2. 仕事をする上での必須アイテム

    手帳、PC用メガネ、ICレコーダー

  3. MFJのお気に入りポイント

    個性的な面白い人が多い!