メンバー紹介

先輩インタビュー
Senior Interview

店頭情報1グループリーダー
工藤 健太

この会社は、まだまだ伸びしろがある会社

前職は販促ツールを作る会社の営業をやっていました。その会社には10年勤めましたが、仕事の幅をもっと広げたい、もっと多岐にわたる業務をやってみたい、という気持ちが湧いてきて、MFJに転職をしました。
私のセクションの仕事は主に日清オイリオグループをはじめ関連会社がクライアントになり、セールスプロモーションを中心に、広告、宣伝、人事や総務まで幅広く手掛けています。そして、私自身は今、管理職なので後輩を育成することに重きを置いています。ただその一方で、もっと自分から動いてクライアントを増やしたいという気持ちがあります。

そのために、外出先で知り合ったメーカーの担当者と会話をし、自ら営業機会を作り出すなど、少しでも仕事を獲得しようと日常でできることは積極的に行動しています。クライアントや仕事の幅が食という分野に特化して広く深いので、まだまだ伸びしろがある会社だと感じています。もっと弊社でできることもあるし、自分自身もっとやりたいこともあります。

若いということは未知数なこと。今は若い人の意見や思考が大事

私の場合は新入社員にも仕事をどんどん任せていきます。なぜなら未知数だから。こちらが「この人にはできない」と決めつけることはせずに、とりあえず任せてみます。もともと会社自体がそういう社風でもありますし、自分自身も「任せてみる」という姿勢で人材育成をしています。それに、セールスプロモーションは若い人の意見や思考が大事ですから、社歴が長い、経験があるだけでは新しいもの、面白いものは生まれないのでは、と私自身は考えています。

ただ、任せっきりもよくないし「指示してる」だけの人も嫌なので、私がまず率先して動き、それをメンバーに真似してもらいます。仕事も、会社での立場が上だから下だからではなく、やれる人がやる動ける人がやればいい、と私は考えているので自分自身で現場へ出向くことも多いです。

仕事の内容は多岐に渡りますが、企画の仕事がいい、現場作業はしない、という考え方はしないので、何でも自分ができることを切り分けずにやっていく。若いメンバーにも先入観なく未知数の可能性を大事に、まずは動くことを覚えていっていただきたいと思っています。

ひとことアンケート
  1. 仕事自慢!
    これだけは負けないものはありますか?

    フットワークの軽さ

  2. 仕事をする上での必須アイテム

    スマホ、PC、スケール、カッター

  3. MFJのお気に入りポイント

    仕事の幅が食に特化して広く深いこと